カードローンには、大きく分けて2つの種類があります

カードローンには、大きく分けて2つの種類があります

カードローンには、大きく分けて2つの種類があります。
  一つ目は銀行が提供をしている銀行カードローン・二つ目は、
  消費者金融や信販会社などの金融機関が提供しているカードローンとなります。
  返済方法は分割で行う事が可能です。二つとも優位限度額の範囲内であれば、
  どんな時でも何回でも借入る事が出来ます。
  特徴については、どちらのカードローンも比較的同じですが、
  銀行カードローンと銀行以外の機関で提供するカードローンとでは、
  以下の様な違いが見られます。
  銀行カードローンの特徴とはどの様なものでしょうか?

 

 

?・銀行系カードローンを借入時の金利について

 

 

  消費者金融のカードローンよりも低金利で借入れられるのが銀行系のカードローンです。

 

  銀行系のカードローンは、
  消費者記入のカードローンと比較すると下限の金利が低いだけではなく、
  上限の金利も低水準になります。賢くお金の借入を行うには、
  金利が低く負担が少なくて済む銀行系のカードローンがお勧めと言えます。

 

 

 

?・カードローンの金利の違いの例について

 

 

 @・銀行カードローンの場合

 

  ・三菱東京UFJ銀行カードローン・4.6%〜14.6%

 

  ・三井住友銀行カードローン・4.0%〜14.5%

 

  ・みずほ銀行カードローン・4.0%〜14.0%

 

 A・消費者金融カードローンの場合

 

   ・アコム・4.0%〜18.0%

 

  ・プロミス・4.5%〜17.8%

 

  ・アイフル・4.7%〜18.0%

 

 

 

?・銀行系カードローンの借入限度額について

 

 銀行系のカードローンの場合ですと、
 借入限度額が800万円や1.000万円まで設定できる大口融資がありますが、
 消費者金融系のカードローンの場合ですと、
 借入限度額が最大500万円位の借入限度額設定となります。