レイクの勤務先への在籍確認

レイクの勤務先への在籍確認

CMでもお馴染になったレイクですが、こちらは様々な契約申し込み方法があります。
自動契約機・郵送・パソコン・スマートフォン・携帯電話など各種用意されていますが、どの方法の場合でも本人確認や申し込み内容確認のため、自宅や勤務先への電話確認をする場合があります。
こちらの文面では、電話をしない場合もあるのかと思えますが、基本的には電話確認が入ると思っておいて間違いないです。
こういった電話による確認作業は基本的なものですので、ほとんどの金融会社が行っていると思って下さい。
会社勤めをしていれば、会社への在籍確認の電話が入ります。
その場合ですが、もちろん「消費者金融のレイクですが、○○さんはおたくの会社に勤めてらっしゃいますか?」などと言うように、金融会社の名前を出しての聞き方はしません。
その点は、消費者金融とわからないように配慮をしてくれますので、だいたい個人名で電話してくれます。
自営業を営んでいる場合は、自宅への電話が基本になります。
本人確認のための、生年月日や住所などを確認が行われます。
この時、固定電話であれば市外局番などから、一定の範囲の住所が特定可能になりますので、本人の申し込み情報の確認として有効になるのですが、固定電話が無い場合は携帯電話だけですと、アルバイトやパートであっても勤め先への電話確認が行なわれることが出てくるのが実情です。
携帯電話は容易に契約できて、犯罪に利用されているケースが多くあることから、その信用度は低くなることがあるのです。
金融業界でも本人確認はとても重要事項になりますので、申し込み内容に間違いはないか、会社への電話確認などはほとんどの金融会社が行なっていると考えておいてください。