プロミスの借金が原因で離婚できる?できない?

プロミスからの「借金」が原因で離婚できる?できない?

「旦那がギャンブルや女性関係でプロミスから借金をして・・・・」
よく聞く話ですが、実はこういった「プロミスからの借金」が理由で離婚はできない場合があることをご存知ですか?

 

もちろん、両者が納得していれば離婚は可能ですが、
プロミスから借金をしている旦那が「離婚したくない!」とごねた場合、プロミスから借金を理由に離婚できない可能性があるのです。

 

旦那が一方的に抱えてきたプロミスからの借金を、なぜ私が返さなければいけないのか?

 

実は、日本には、“夫婦財産制度”があり、“日常で起こる借金(=債務)は夫婦で連帯責任を負う”ことが結婚の条件となっています。

 

こういった日常で起こる債務のことを“日常家事債務”と呼び、たとえば住宅ローンや車のローン、家計をささえるためのプロミスからの借金などがこれに当たります。
こういったプロミスからの借金を理由にした離婚は認められず、上記した「ギャンブル」や「女世関係」による借金も、日常家事債務と判断されると、同様に離婚できません。

 

とはいえ、そんな状況で結婚生活を維持していくのは難しいですよね。
一体、どういう場合に離婚は認められるのでしょうか。
実は、「夫婦関係が修復不可能なくらい壊れてしまった」と判断されたとき、やっと離婚できるのです。